白井田七 サポニン 

【何に効く?】白井田七に含まれる「サポニン」は高麗人参の7倍!?

白井田七の「サポニン」にはどんな効果がある!?ついに秘密が明らかに!

サプリメントの「白井田七」は、古来から中国で“長寿の秘薬”とされてきた田七人参(でんしちにんじん)を粉砕し、錠剤にしたものです。

 

白井田七で一番注目したい成分と言えば「サポニン」。

 

田七人参には「サポニン」という有効成分が豊富に含まれており、なんとその含有量は高麗人参の3〜7倍もあると言われているんです。

 

今回は「結局、サポニンって何に効くの?」ということを書いていきたいと思います。

 

白井田七の肝臓への効果!肝機能ALTが70→18に劇的回復した私の口コミ。

 

白井田七に含まれるサポニンの効果とは?

 

白井田七の愛用者さんの体験談に目を通していると、本当にワクワクしてきます。

 

「え?こんな症状にも効果あったの?」みたいな感じですね(笑)

 

糖尿病、肝臓の病、痛風、白斑、頻尿、中性脂肪、無呼吸症候、更年期障害、耳鳴り、花粉症、にきび、月経不順・・・(まだまだあります。)

 

あくまで個々の実感ではありますが、これらが「改善された」「治った」といった声が溢れているんです。(ウソだと思うなら楽天のレビューを読んでみてください)

 

ここまで多種多様なレビューがあると「何に効くのか」判然としないですが、結局のところ、色々な症状を改善させるのに一役買っているのは「サポニン」である可能性が高いです。

 

東洋医学ではすべての病の根底には「血流の滞り」があると考えられているのですが、田七人参に含まれるサポニンには血をキレイにする作用があると言われています。

 

サポニンはブクブクと泡立つ性質があり、それが血管に存在するコレステロールや脂肪を洗い流してくれると考えられているんですね。

 

血がキレイになり、身体に不和をもたらす根本原因が改善されればどうなるのか?

 

その答えが、先ほど挙げたような「改善された」「治った」という愛用者たちの声なんでしょう。

 

白井田七に含まれているサポニンの効果を一言でいうなら、「血をキレイにし根本から改善させる」ということになるでしょうね。

 

田七人参なら、何を選んでもいいのか?

 

それほど多くないとはいえ、巷には田七人参を名乗った製品がいくつか存在します。

 

そこで、田七人参ならサポニンが含まれているので何を選んでもいいのか?・・・となってしまいそうですが、決してそうではありません。

 

「白井田七」という製品は別格なのです。その理由を今からお話しましょう。

 

遡ること二十数年前・・・

 

現・アドバンス代表取締役の白井博隆氏は、中国の一部にしか分布しない田七人参に魅了され、独自に田七人参の無農薬栽培に着手します。

 

後に「白井田七」というサプリを世に送り出すわけですが、なぜ彼が無農薬栽培にこだわったかというと、中国の田七人参が農薬まみれだったことに由来しているようです。

 

「世界一」の田七人参をつくった白井博隆

 

秘薬ともいわれる田七人参は「漢方薬」ってイメージがあると思うんですが、結局は「野菜」なんですよ。

 

そこで、農家を営む両親の家に育った白井氏は「農薬漬けの田七人参」に憤りを感じ、無農薬栽培に着手する決意をしたようです。

 

彼の言葉を借りるなら「農家のDNAが騒いだ」そうで。(笑)

 

ところで、田七人参は収穫までに3〜7年もかかります。

 

人参属植物とはいえ、われわれが慣れ親しんでいる一般の「にんじん」とは見た目からして異なります。

 

そんなこんなで彼は相当苦労されたようですが、紆余曲折を経て不可能といわれていた田七人参の無農薬栽培に成功したんですね。

 

その後、彼の作ったオンリーワンの田七人参は世界一厳しい有機栽培認証である「IFOAM(アイフォーム)」を取得しました。

 

「IFOAM」を取得した理由は、白井氏が言うには「お客様へのメッセージ」なんだとか。

 

世界一の田七人参になることで、圧倒的な安心感と信頼を勝ち得たかったんでしょう。

 

長年、白井田七を愛用するユーザーが多いのもわかる気がしますね。

 

白井博隆の田七人参はサポニンが桁違い!?

 

白井氏は「白井田七」を一時的に流行らすなんてそんな考えは全然なくて、商品そのものの実力で勝負したいと思っている方なんですよ。

 

その証拠に「そんなに手間ひまかけて商売成り立つの?」ってくらいに彼は田七人参に時間を割いています。

 

例えそれが消費者にはダイレクトに伝わりにくい「こだわり」であっても、とことん安全性を高めていく・・・

 

中国から輸入した田七人参と白井氏オリジナルの田七人参を比較したときに「作り手の思いの差」がハッキリとわかります。

 

両者は色もサイズも全然違います。

 

中国からの輸入物は黒くて小さいんです。なぜかというと防腐するために「墨とロウと鉛玉」を使っているからなんですね。

 

一方、白井氏の田七人参は収穫後に時間をかけて何度も天日干しをして腐らないように対策しているのです。

 

商売に徹していたら効率を重視しますが、彼は「お客さん」を第一に考えたんですね。

 

また、両者は加工したときの「泡立ち」が全然違うそうです。

 

先ほどご説明しましたね。『サポニンはブクブクと泡立つ性質があり、それが血管に存在するコレステロールや脂肪を洗い流してくれる』と。

 

オリジナルの田七人参は中国から輸入したものに比べ、比較にならないくらいブクブクと泡立ちます。

 

これだけでもサポニンの含有量がすごいことがわかるでしょう?

 

そんな上質な田七人参を粉砕して錠剤にしたのが白井田七です。

 

しかも最大限の効果を引き出すために「つなぎ」は2%の有機玄米しかつかってません。

 

「世に出回ったことのないくらいの高品質な製品をつくりたかった」とは白井氏の弁です。

 

白井田七は結果を出している人が多いことで有名

 

口コミ数が多い白井田七ですが、具体的な効果を実感した人が大多数を占めており、総合評価はかなり良いです。

 

なかなかないですよ?こんな実力の伴った商品は。

 

商品が届いてまだ日が浅いユーザーの口コミでも「体調がすごくいい」というものが多かったですし、5年以上の愛用者たちも未だに口コミをしている人達がいて、「白井田七がないと困る」とおっしゃっていますし(笑)

 

「サポニンってすごいんだなー」というのが正直な感想です。

 

いや、正確に言えば白井田七がすごいんですけど(笑)。

 

血をキレイにすれば体調は良くなるし病は改善するしで、本当にいろんな良いことが待ってるんですね。

 

例えば、健康診断の数値が基準値に戻ったり、悩んでた症状が改善されたら、そりゃもう嬉しいでしょう?

 

無茶してはいけませんが、今まで我慢していたことができるようになるんですよ。

 

症状が少しでも改善されたら、笑顔が今より増えること間違いなしです。

 

白井田七はどんな人におすすめ?

 

健康診断の数値が良くなったり、悩んでた症状が改善する・・・これ全部実話です。

 

ウソと思われそうですが、白井田七で実際にそういう結果を出してる人がいっぱいいるんですよ。

 

私も白井田七を利用して3ヶ月で、肝機能ALTが70→18に劇的に回復しました(ALTの基準値は30以下)。

 

最初は疑っていたし、あまり期待していなかった。

 

でも、やってみないとわからないことがあるって気づきましたよ。

 

後から聞いた話ですが、日本では医師として田七人参を処方する病院もあるそうで、特に肝臓病の人に大変良い結果が出ているということを知りました。

 

これには痛く納得しましたね。「そういうことか!」と。

 

白井田七の肝臓への効果!肝機能ALTが70→18に劇的回復した私の口コミ。

 

あなたが今、どんな悩みがあるのか残念ながら私には知ることはできません。

 

しかし、先ほども書きましたがすべての病の根本は「血流の滞り」です。

 

良質なサポニンで、まず血液をキレイにすることを考えてみてはいかがでしょうか?

 

「今まで何をしても改善しなかった」という場合、これが遠回りのようで最短の方法かもしれませんよ。

 

一時的な改善ではなく「原因」にアプローチしていきたい

 

徹底的に消費者のことが考えられている製品を試したい

 

安全性の高い「間違いのない製品」を探している

 

この3つに当てはまるのなら、白井田七はあなたにとってベスト・チョイスになるでしょう。

 

関連ページ

白井田七の成分を詳しく教えて!その成分って何に効くの!?
白井田七の成分を詳しく解説します。それぞれの有効成分が具体的に【何に効果があるのか】などについても。
田七人参で肝機能ALTとASTが「3ヵ月」で基準値に戻った話
田七人参で肝機能ALTと肝機能ASTが、劇的に回復しました。かかった時間は約3ヵ月。私の肝臓が救われた衝撃の体験談をお話します。

ホーム RSS購読 サイトマップ